きちんとした段取り

NEWS

2017年09月22日
サポート業者のサービスを更新しました。
2017年09月22日
効率的な計画性を更新しました。
2017年09月22日
大都会という地域性を更新しました。
2017年09月22日
きちんとした段取りを更新しました。

共有部分を確認する

東京都内に構えている現状のオフィスから、新たな移転先へと移ることを検討する場合、エレベーターや玄関口など共有部分の確認をしっかりと行いましょう。オフィス移転に伴って、デスクや椅子など会社の備品を持ち運ぶ必要がありますが、あまりに玄関口が狭いようだと搬入作業に苦労することになります。
棚など大きい備品になればそのまま運び込むことも難しいでしょうから、一度分解してバラバラにしてから搬入する必要性も出てきます。またエレベーターが一機しかないビルへの移転する場合は、他業者が移転作業日に営業しているかどうかも確認すべきです。他のオフィスも営業しているようであれば、搬入作業自体が迷惑をかけることになってしまうことから、予め確認して断りの一方を入れておくといいでしょう。
東京都内には大小様々なオフィスが存在しますが、いずれにしてもオフィス移転が決定しているのであれば、予め移転先の共有部分は事前の確認が必須となります。搬入作業をスムーズに進行させるためにも大切なことであり、大きさの問題で搬入できないとなれば、一日で終わらせなければならない移転作業を終えることができなくなります。必要であれば備品の分解作業も発生しますから、事前に把握しておくことで予め分解もできるようになるため、事前確認は重要であり必要不可欠といえます。

移転する前に検討したいこと

事業の拡大や縮小など、様々な理由によって構えているオフィスから別の場所へと移転することがあります。賃貸契約の問題で期間が差し迫っている状況なども考えられますが、東京でオフィス移転をするならば、一度しっかりと検討するべきとなります。
そもそも、なぜ移転しなければならないのかという理由から考えることになりますが、一般的には事業拡大に伴って人材を多く抱えるようになったことにより、より大きなスペースを確保できるオフィスへと移転することが挙げられるでしょう。もしくは、現在構えているオフィスではコストパフォーマンスが悪いなど、理由も様々に考えられます。このような移転理由をしっかりと明確にすることによって、新しい移転先となるオフィスで重視するものが見えてくるはずです。
移転先となる場所選びから始まり、オフィス規模が条件と合致するのかなど、徐々に対処となる移転先も絞られていくでしょう。そしてプラスアルファの機能として、給湯室の有無や駅から徒歩何分の距離にあるのかなど、あったら便利だという機能を有している物件を様々に見比べていき、最終的に移転先となる新オフィスにたどり着くはずです。最終的には賃料との相談になるかと思いますが、予め移転理由を明確にしておけば絶対に譲れない部分も明らかになるため、事前になぜ移転するのかをじっくりと検討しましょう。

Copyright(C)2017 スムーズなオフィス移転を東京で実行するための豆知識 All Rights Reserved.