効率的な計画性

NEWS

2017年09月22日
サポート業者のサービスを更新しました。
2017年09月22日
効率的な計画性を更新しました。
2017年09月22日
大都会という地域性を更新しました。
2017年09月22日
きちんとした段取りを更新しました。

移転前にシミュレート

オフィスを東京に移転しようと考えている業者さんも多いことでしょう。そんな時に、地方から東京に移動する際に気をつけるべきこととは何なのでしょうか?まず、地方から東京へオフィス移転をする場合、環境の変化には十分に気をつけなくてはなりません。東京は人が集まる首都としての機能が強いため、自然が都心部ではほとんど残っていません。また騒音によるうるささや、排気ガスによる空気の悪さは想像以上に負担が大きいものです。自然が残っていることが多い地方からのオフィス移転には、このような環境の変化は大きなものとなるのです。
また、賃料が跳ね上がる可能性が高いという点も注意が必要ですね。基本的に東京は土地代も賃料も高い傾向にあります。そのためオフィスの家賃が大きな負担となってしまう可能性が高いのです。特に高いのは新宿や渋谷・銀座といった、東京でも特に人が集まり人気のある地域はこういった賃料が非常に高い傾向にあるため、移転前にしっかりと調べてシミュレートし、備えておくようにしましょう。
このように東京にオフィスを移転する際には、環境の変化や賃料の増加に対して十分に吟味し、対策を取っておかなければなりません。それでも日本の中心地である東京にオフィスを移転することは大きなメリットとなります。注意点をしっかり把握し、東京へオフィスを移転するかどうか考慮するようにしましょう。

少ないスペースを有効活用

東京は交通の便もよく、また多数の企業や業者が近くに集中しているため、業務を行う上で非常に便利です。反面として、非常に土地やテナントを借りるのための費用が高く設定されています。その為、少ない面積で如何に効率的にオフィスの什器を設置し、業務をしやすい空間を作り出すかという事が重要です。その手法の具体例として「オフィスレイアウトプラン」を行う際、従来型の個人個人で持つ机ではなく、多目的デスク(長机タイプのもの)に変更する手法があります。
営業職は不在にする時間が長く、個人個人に机を持たせることは無駄スペースを作ることになります。そのため、営業職のデスクを共有化し、個人の荷物についてはワゴンに入れさせ、仕事をする際はその場所の中で移動させることで、少ないスペースでもより多くの人間が仕事できるようにできます。また、会議スペースについても、「可変式間仕切り」を利用することで、スペースの利用法が変わります。
具体的に例を述べますと、普段使いとしては3つの小会議室として使用している部屋を可変間仕切りを全て収納してしまうことで、社員全員が入れるような大会議室として利用することができる、というような使用法もあります。上記のように、如何に少ないスペースを有効活用できるかどうかも、東京へオフィス移転させる際は重要かと思います。

Copyright(C)2017 スムーズなオフィス移転を東京で実行するための豆知識 All Rights Reserved.