大都会という地域性

NEWS

2017年09月22日
サポート業者のサービスを更新しました。
2017年09月22日
効率的な計画性を更新しました。
2017年09月22日
大都会という地域性を更新しました。
2017年09月22日
きちんとした段取りを更新しました。

場所選びを慎重に行う

東京都内に新オフィス移転させる場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。また都外から新たにオフィスを構えようとしいる場合にも通ずる話ではありますが、東京都内にオフィスがあることでより事業を大きく拡大できる可能性があります。
東京は言わずもがな、日本国内だけでなく世界的にも大都市であるため、それ相応に多くの企業が集まっている地域となります。そのため同業他社や多くの顧客も東京に集中していることから、より密接な取引を可能にして増収が見込めるようになります。今や企業の本社のほとんどが東京に集中している実情もあることから、新規開拓もスムーズに捗ることでしょう。
また新オフィスを設置する場所も重要で、移転先となる地域が銀座や六本木といった一等地になれば、相手企業から見られる目も大きく変わってきます。一等地にオフィスを構えることは、言わばブランドを抱えていることと同じであるため、一目置かれる存在となることは間違いありません。働く社員についても、六本木で働いているという意識を与えることができ、大きなモチベーションとなりうるのも一つとして挙げられます。
そのため東京都内でオフィス移転をするのであれば、場所選びも重要なポイントとなります。構えている地域によって会社のイメージも大きく変わることから、慎重に選んでほしい部分と言えるでしょう。

東京のオフィス移転では地域柄にも注目

東京都内には数多くの企業が乱立している状況にありますが、中身をよく見てみると、むやみに立ち並んでいるわけではありません。業界ごとで集中している地域が異なっており、もし新オフィスを東京都内に移転させようとしているのであれば、どの地域にどのような業界が集まっているのかを調べる必要があります。
例えば渋谷周辺地域であれば、多くの若者たちが集まっている地域柄ゆえか、クリエイティブ系の企業が多く集まっているのが実情となります。他にも上野になれば、上野パチンコ村と言われるようにメーカーが多く支店を構えているだけでなく、パチンコ店も多く立ち並んでいるのが特徴となります。このように各地域によって集まっている業界・業種が存在しており、場違いとはなりませんが、ライバル企業の動向をチェックできるというメリットが存在します。
そのため、これまで無関係の地域にオフィスを構えていた企業が、集中する地域へと移転することは珍しくありません。予め移転前に地域の特性を把握しておけば、どのような業界が集まっているのを知ることができ、同業他社から顧客を奪う機会も相応に増えていくでしょう。一等地にオフィスを移転させることも結構ですが、戦略性の高いオフィス移転もおすすめです。

Copyright(C)2017 スムーズなオフィス移転を東京で実行するための豆知識 All Rights Reserved.