都心ならではの特徴

NEWS

2017年09月22日
サポート業者のサービスを更新しました。
2017年09月22日
効率的な計画性を更新しました。
2017年09月22日
大都会という地域性を更新しました。
2017年09月22日
きちんとした段取りを更新しました。

東京にオフィスを移転する3つのメリット

地方の企業が事業を拡大するために東京にオフィスを移転する事がありますが、家賃や光熱費などの出費が多くなってしまうので不安な部分があります。それにより赤字になってしまった企業もありますが、東京のオフィスを移転した事でメリットになったという声もよく聞かれます。そこで東京にオフィスを移転するとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。
・企業のイメージが良くなる。地方にオフィスを構えていると他の企業との打ち合わせやあいさつ回りをするのが不便ですが、東京のオフィスを移転するとすごく便利になります。また東京は営業競争も激しいエリアなので事務所を構えていると企業のイメージが良くなっていきます。
・求人を出した時に応募数が集まりやすい。地方にオフィスを構えていると求人を出した時に応募数が集まりにくいですが、東京は人口が多いので求人を出した時に応募数が集まりやすいです。東京は若い人の人口も多いので有望な人材を確保する事が出来るようにもなります。
・効率良く仕事が進むようになる。地方にオフィスを構えていると他の企業とのやり取りが不便なので仕事が進まない事が多いですが、東京のオフィス移転をすると他の企業とのやり取りが便利になるので効率良く仕事が進むようになります。

東京でのオフィス移転で気を付けたいこと

会社事業がうまく軌道に乗って、さらに増収も見込めるような状況になれば、オフィス移転を検討し始めるでしょう。それこそ更なる展開を狙って、東京にオフィスを移転することも視野に入るでしょうが、いくつかの注意事項が存在します。
東京は交通網が非常に発達していて、どの都市にオフィスを移転したとしても通勤アクセスの利便性は高くなるでしょう。渋谷や新宿、池袋といった地域に構えれば、都外からの通勤も良くなりますが、一等地に新しいオフィスを構えたいという願望をそのままに実現するのは得策ではありません。勤めている社員の状況なども考慮しながら、全社員が通勤しやすいような場所に新しくオフィスを構えることが理想で、アクセス性が劣る地域にオフィスを移転しますと通勤手当支給で余計なコストがかかっていまします。
そのためオフィス移転では社員の働きやすい環境を整えることなども重要になりますが、何よりも社員が通勤しやすい地域への移転することを心掛けるといいでしょう。以前まで位置していた地域よりも通勤時間が伸びてしまえば、社員の負担も大きくなるだけでなく、会社が支給すべき通勤手当も大きくなります。そのため移転したばかりにコストが大きくなる可能性が考えられることから、移転先は慎重に選ぶべきとなります。

会社内のコミュニケーションに自然と繋がり連帯感を生みだします。 対象エリアは東京、名古屋、大阪の大都市を拠点に置き、2011年9月には現地法人をベトナムにも開設しました。 ニーズに合わせたご提案をし、特別料金で提供致します。 企業戦略につながるオフィス環境の構築を目指します。 見積りは素早く、専門スタッフが現地へ調査に伺います。 オフィス移転を東京でお考えなら

Copyright(C)2017 スムーズなオフィス移転を東京で実行するための豆知識 All Rights Reserved.